トップページ / ブラウザを操作

ブラウザを操作

スポンサードリンク

ブラウザ操作とは何が出来るのか? bookmark

前のページまでは、基本クラスという、ブラウザの操作とは全く関係ない機能を使ってきましたが、このページからブラウザを操作していきます。

ブラウザを操作するには、windowやnavigator、screen、historyやlocationといったクラスを使っていきます。

ウィンドウを移動してみる bookmark

window.moveTo(100,100);

ディスプレイの左から100ピクセル、上から100ピクセルの位置にウィンドウを移動します。

window.moveToのリファレンスはこちら

ウィンドウ操作関連の機能はwindowクラスに詰まっています。
JavaScript-windowウィンドウリファレンスを参照

履歴を操作 bookmark

 history.back();
ページの戻るボタンを押したときと同じブラウザの動作を実現します。

history.backのリファレンスはこちら

履歴操作関連の機能はhistoryクラスに詰まっています。
JavaScript-historyリファレンスを参照

画像の先読み bookmark

<img id="tmp">   
<script type="text/javascript">   
function load() {   
    var img = document.getElementById("tmp");   
    img.src = "http://i.yimg.jp/images/mht/2006/0401_10_k.gif";
}

イメージ<img>を取得して動的にsrc属性を設定しています。
これにより画像をブラウザに読み込ませ、画像の先読みが可能になります。

image.srcのリファレンスはこちら

イメージ操作関連の機能はimageクラスに詰まっています。
JavaScript-imageリファレンスを参照

マウス操作などのイベントに応じた処理を記述 bookmark

<button onclick="alert('クリックされました');">ボタン</button>  

event.onclickのリファレンスはこちら

イベント操作関連の機能はeventクラスに詰まっています。
JavaScript-Eventリファレンスを参照

次のページ: DOMを操作JavaScriptの基礎

スポンサードリンク


AX