トップページ / 文字列を操作してみる

文字列を操作してみる

スポンサードリンク

文字列を操作してみる bookmark

文字列とは、「あいうえお」みたいな文字のかたまりのことを言います。
プログラムでよく使われる基本中の基本です。この文字列を操作する機能の集合はStringとしてまとめられています。
そのStringの部分的な機能をここでは紹介します。

文字列置換をしてみる bookmark

「String Hello」 → 「Spring Hello」にしてみましょう。

var str="String Hello";
str = str.replace("String", "Spring");
document.write( str );
// → Spring Hello が画面に出力されます。

replace という機能を使っています。

stringObject.replaceのリファレンスはこちら

文字列の長さを得る bookmark

「String Hello」 は何文字で構成されるかを調べてみましょう

var str = "String Hello";
document.write( str.length );
// String Hello は12文字なので 12 が出力されます。

length という情報を見ています。

stringObject.lengthのリファレンスはこちら

文字列を修飾してみる bookmark

文字を大きくしてみましょう。

var str="String";   
document.write(str.big());   

bigという機能を使って、<big>String</big> を出力します。
bigタグはHTMLで、文字を大きくするタグなので、ブラウザで見ると文字が大きく表現されます。

stringObject.bigのリファレンスはこちら

文字列リファレンス bookmark

他にも、文字列で使える機能は沢山あります。

JavaScript-文字列リファレンスを参照

次のページ: 数学関数を色々使うJavaScriptの基礎

スポンサードリンク


AX