トップページ / 変数

変数

スポンサードリンク

変数とは? bookmark

変数とはプログラム内で、とあるデータを保存しておく箱みたいなものです。
ゲームなどで、現在のパワー残量などがありますが、パワー残量のように、状況に応じて変化する値を入れておきます。

プログラムがパワーの残量をチェックして0になったら終わりといった部分で使われます。

JavaScriptでの変数の記述 bookmark

JavaScriptでの変数は var で定義します。
変数には a~z A~Z 0~9 _ の半角英数が使えます。

var power;
power = 100;
var damage = 10;
power = power - damage;
alert(power);

上記プログラム例では、変数、power と damage を宣言し、プログラムを作っています。
プログラムの内容は、power に最初に 100 という値をいれ、次にダメージの変数を定義し、power から damage を減算し、残りパワー(100-10)である値(90)を表示しています。

ゲームなんかのプログラムも単純化すればこういった記述になっています。

JavaScriptの変数には、文字列や数値、オブジェクト、関数など、様々な値を入れることが出来ますが、文字列型と数値型について簡単に説明しておきましょう。

文字列型とは、文がはいっている変数のことで次のようなものです。

var str = "こんにちは、世界";

そして、数値型とは、数字が入っている変数のことで次のようなものです。

var num = 10;

ページの最初で定義した power と damage もこの数値型です。

変数にはこうした属性があり、属性によって使える機能が違ったりします。

次のページ: コメントJavaScriptの基礎

スポンサードリンク


AX