トップページ / 以降のJavaScript学び方

以降のJavaScript学び方

スポンサードリンク

JavaScript入門-さいごに bookmark

ここまで読めば、大体JavaScriptについて分かってきたと思います。
ここまで読んでいただいた方のレベルは、次のような感じだと思います。

  • JavaScriptの最適な開発環境を知っている
  • JavaScriptの基礎を知っている
  • JavaScriptでどういうことが出来るか大体わかっている
  • オブジェクト指向についてもなんとなく分かった。

以降のJavaScript学び方について書いておきます。

以降は、JavaScript逆引きサンプル集JavaScriptリファレンスなどを見ながら、JavaScriptで出来ること・出来ないことについて知っていきましょう。ブラウザによっては出来ないこともあるのでそういったことも簡単に頭に入れておくと良いでしょう。

そして、JavaScript応用編&TIPSなどを見ながら、prototype.jsについての理解を深め、AjaxやDOMの操作なんかを実際にコーディングして体験し、Web2.0時代のJavaScriptを極めましょう。当サイトではprototype.jsについての解説ページを用意してありますので、そちらを参照してください。
prototype.js のリファレンスはこちら

ライブラリ活用編」のページを覗いて、興味の沸いたライブラリを使ってみたり、解析してみたりするのもよいでしょう。
兎に角、いろいろと触って、自分でプログラムやライブラリを作ってみることが重要です。

以後参考にできる資料 bookmark

  1. JavaScript応用編&TIPS
  2. JavaScript逆引きサンプル集
  3. JavaScriptリファレンス
  4. ライブラリ活用ページ
JavaScript入門インデックス
  1. JavaScriptについて/開発環境の構築
  2. JavaScriptの基礎
  3. JavaScriptでオブジェクト指向
  4. 以降のJavaScript学び方
スポンサードリンク


AX