トップページ / JavaScriptの基本

JavaScriptの基本

スポンサードリンク

JavaScript記述方法 bookmark

JavaScriptはHTMLタグ内に次のように記述します。

スクリプトの記述 bookmark

上記コード内で、<!--と//-->で囲われているのは、古いブラウザでJavaScriptコードがそのまま表示されるのを防ぐためです。<!--と//-->で囲われることで、古いブラウザではHTMLコメントとして認識され、画面に表示されることはありません。

W3C規定のJavaScript記述方法 bookmark

W3C規定では次のように記述します。

W3C規定でのスクリプトの記述 bookmark

違いは、language="javascript" → type="text/javascript" という変更です。

外部スクリプトの読み込み bookmark

また、スクリプトを外部ファイルとして独立させたいような場合、HTMLタグ内に次のように記述しておきます。

<script language="javascript" src="読み込みたいJavaScriptファイルのパス"></script>

尚、W3C規定の記述は通常のスクリプト記述時と同様、次のように記述します。

<script type="text/javascript" src="読み込みたいJavaScriptファイルのパス"></script>

ここで、<script>属性に2通りの書き方があると説明しましたが、どちらを使えばよいか?というのは状況に応じて使い分けます。

先に説明した、<script language="javascript"> の方は、古いブラウザにも対応していますが、標準規定ではありません。<script type="text/javascript">の場合は、古いブラウザで対応しておらず、動作しないブラウザなんかも出てくる可能性がありますが、W3C規定に準拠しています。

が、古いブラウザといっても、最近のブラウザでは全てのブラウザがこの記述に対応しているので、こだわる必要はないと判断し、標準化にあわせるため、当サイトでは、<script type="text/javascript">の記述を採用します。

次のページ:変数JavaScriptの基礎

スポンサードリンク


AX