トップページ / 昨今のJavaScriptブームで必要な知識

昨今のJavaScriptブームで必要な知識

スポンサードリンク

昨今(2005年以降)のJavaScriptブーム以降JavaScriptで重要なこと bookmark

2005年以降、GoogleによるGoogle map やGmail、Google Suggest等のアプリケーションリリース以降、JavaScriptが再び注目を浴びるようになりました。JavaScriptにしか出来ないことを利用して、利用者の操作性を格段に向上させるインタフェースが公になりました。これにより、大きな注目を浴びるようになったJavaScriptですが、JavaScriptのどの機能を使ったことで脚光を浴びることになったのか?それは間違いなく、XmlHTTPRequestと、DOMの利用でしょう。

XmlHTTPRequestとは、Ajaxの機能を提供して、リアルタイムにサーバとのやり取りを行うために必要な機能です。DOMはリアルタイムにHTMLを書き換えていくための機能だと覚えましょう。

これまで、サイトの特定の部分を外部から値を取って動的に書き換えることは無理だと思われていました。「IEのみやNetScapeのみだと出来るんだけど…」、といった印象があったはずです。クロスブラウザにするのも面倒だしな。というところに現れたのがprototype.jsといったJavaScriptライブラリです。

このprototype.jsというライブラリのお陰で、ブラウザを特に気にすることなくAjaxのコーディングできるようになったという点も多くの人が参入しやすくなった条件と言えます。DOMの操作などもprototype.jsを使うことで容易になります。

prototype.jsでは次のことをクロスブラウザで動作させることが簡単に行えるようになっています。

  1. Ajaxの利用
  2. DOM要素の操作
  3. フォーム要素の操作
  4. イベントハンドラの設定
  5. オブジェクト指向/継承

Ajax用の機能を基本として持ち、DOM操作を容易にし、オブジェクト指向の機能をもたせ、基本クラスも拡張してくれるのがprototype.jsです。

ここ最近のJavaScriptブームに乗るには、JavaScriptの基本を覚えた上で、
このライブラリを使いこなしていくことが重要になってくるでしょう(※)。

※prototype.js以外にもjQueryやYUI Libraryのようなメジャーなライブラリがあります。シェアと人気NO1はprototype.js

次のページ:JavaScript言語を学ぶ道のり

スポンサードリンク


AX